HOKKAIDO GROOVE CAMP

バークリーアワード

キャンプ開催期間を通じて、特に優秀と認められた受講者に対し、米国ボストンのバークリー音楽大学で開催される特別セミナー(5-weekサマー・パフォーマンス・プログラム)に、フルスカラシップの奨学生として参加することができる特別推薦状の授与を行います。これまでに、寺久保エレナ等、現在活躍中のミュージシャンも受賞しています。(原則として15歳~18歳が対象。受講に関してのお手続きは、受賞者ご本人に行って頂きます。また、渡航費・宿泊費につきましては自己負担となりますので、予めご了承下さい。)

北海道グルーブキャンプ2017

会期:2017年8月8日~8月12日

バークリーアワード受賞者
◎高橋 直希(Dr) Naoki Takahashi
◎高橋 里沙(Ba) Risa Takahashi
◎寺久保 伶矢(Tp) Reiya Terakubo

北海道グルーブキャンプ賞受賞者
◎佐々木 梨子(As) Riko Sasaki
◎大田 満陽(Pf) Mahiru Ota


北海道グルーブキャンプ2016

会期:2016年7月31日~8月6日

バークリーアワード受賞者
◎治田 七海(Tb) Nanami Haruta
◎小嶋 拓斗(Dr) Takuto Kojima

北海道グルーブキャンプ賞受賞者
◎冨樫 諒(Ba) Makoto Togashi
◎林 頼我(Dr) Raiga Hayashi


北海道グルーブキャンプ2015

会期:2015年3月26日~3月31日

バークリーアワード受賞者
◎齋藤 大陽
◎秩父 英里
◎吉村 玄

北海道グルーブキャンプ賞受賞者
◎高橋 里沙
◎冨樫 歩


北海道グルーブキャンプ2014

会期:2014年3月25日〜3月30日

バークリーアワード受賞者
◎山口 雄大
◎高橋 陸
◎二瓶 美穂

北海道グルーブキャンプ賞受賞者
◎吉野 菫
◎吉村 玄


北海道グルーブキャンプ2013

会期:2013年3月25日〜3月31日

バークリーアワード受賞者
◎松原 慎之介
◎井口 なつみ
◎久松 諒

北海道グルーブキャンプ賞受賞者
◎吉村 仙
◎土屋 涼子


北海道グルーブキャンプ2012

会期:2012年3月25日~3月31日

バークリーアワード受賞者
◎坂本 菜々
◎土屋 涼子
◎中道 みさき


北海道グルーブキャンプ2011

会期:2011年3月26日~3月27日

バークリーアワード受賞者
該当者なし


北海道グルーブキャンプ2010

会期:2010年3月28日~4月3日

バークリーアワード受賞者
◎佐藤 敬幸
◎関 裕太
◎ソーン 泉

北海道グルーブキャンプ2009

会期:2009年3月29日~4月4日

バークリーアワード受賞者
◎岩佐 怜依
◎新庄 龍馬


北海道グルーブキャンプ2008

会期:2008年3月24日~3月30日

バークリーアワード受賞者
◎石若 駿
◎曽根 麻央


北海道グルーブキャンプ2007

会期:2007年3月25日~3月31日

バークリーアワード受賞者
◎二階堂 貴文
◎鳥羽 奏
◎渡邉 麻子


北海道グルーブキャンプ2006

会期:2006年3月25日~3月30日

バークリーアワード受賞者
◎寺久保 エレナ
◎馬場 智章
◎吹谷 禎一郎



5-weekサマー・パフォーマンス・プログラム 参加者の声

2016年参加者(2015年度受賞)の声

吉村 玄 Gen Yoshimura(ドラム)

IMG_7607_2

 Report▶ 
出発の日は大嵐で、飛行機が1時間遅れるというアクシデントから始まった”5WEEK”は、素晴らしい音楽の刺激と、充実感に満ち満ちていました。緊張したオーディションの数々、グルーブキャンプの講師だった先生方との再会、最高に楽しい授業など、日々、驚きと感動の連続でした。特に嬉しかったのは、Funk/Fusionで最高レベルの、タイガー先生のアンサンブルに入れたことです。同年代の才能豊かなミュージシャン達との演奏で意識が高まり、そしてこのアンサンブルで、Berkleeで一番大きいコンサートホールで行われるBlowout Concertに出演し、さらにスタジオでレコーディングまで!この感動は文字では書き表せないほどのものでした。毎日、音楽に溢れ、いろいろな国から集まった仲間と切磋琢磨する。本当に最高の5週間でした!タイガー先生を始め、芸術の森のスタッフの皆様、本当にありがとうございました。帰りたくなかったなぁ。


IMG_0519 IMG_0678 IMG_0685 IMG_0817 IMG_0800

秩父 英里 Eri Chichibu(ピアノ)

IMG_7560_2

 Report▶ 
Five-Week Summer Performance Programに参加させていただき、ありがとうございました。Berkleeという誰もが自由に音楽に向かえる魅力的な環境で、世界中から集まる個性的で素敵な人々と共に学ぶことができ、毎日ワクワクしていました。アンサンブルの授業では、Funk-Fusion、Funk-Fusion All-Stars、R&B、World Musicの4つに所属し、様々なジャンルに挑戦できました。素晴らしい先生、メンバーと共にアレンジや演奏を行うことができとても楽しく充実していました。最後に大きなホールで演奏できたのですが、ステージと会場の一体感、エネルギーが尋常ではなく、とても感動的でした。こうしたことを通じ、音楽を介した様々なやりとりの心地よさを感じることができました。このような貴重な体験ができ本当に嬉しく思います。最後に、タイガーさん、各先生方、スタッフの皆様、このようなチャンスを与えて下さりありがとうございました。全ての出会い、経験を大切にし、今後も取り組んでいきたいと思います。ありがとうございました!


2109 3262 3287 3361 3122

齋藤 大陽 Masaaki Saito(ベース)

IMG_7497

 Report▶ 
いろんな国から集まった仲間たちと、互いに競いあい、学びあう熱い5週間!有名プレイヤーとの出会いやその演奏、レッスン、先輩方との会話、観光、どれをとっても強烈な刺激の連続でした。何よりタイガー先生のアンサンブルは僕にとって特別な時間になりました。レッスン中の時間と空間は研ぎ澄まされていて、回を増すごとに演奏が変わっていき、楽しくて仕方がなかったです。 迎えた最後のライブでは、とても大きなホールに満員の観客の中、このメンバーでここで演奏できることが本当に嬉しくて、笑顔をおさえきれませんでした。5weekでのありとあらゆる体験を思い出しながら、自分の全てを出し切りました。観客の熱気とも一体になれて、とても夢のようでした。こんな素敵な時間、経験をさせていただけて本当に幸せでした。ありがとうございました。


IMG_9213 IMG_9300 IMG_9337 IMG_9828 IMG_9864

2015年参加者(2014年度受賞者)の声

二瓶 美穂 Miho Nihei (ピアノ)

_MG_5009

 Report▶ 
ずっと夢だったバークリーに行く機会をいただけて、本当に幸せでした。沢山思い出はありますが、その中でも一番大きな思い出はハモンドオルガンに出会えたことでした。普段弾いているのは電子オルガンだったので、素人レベルのピアノよりも電子オルガンに近そうなオルガンの方が自分らしい演奏ができるだろうと安易な気持ちで飛び込んだのが最初ですが、思いきってオルガンを選んで良かったです。初めてそこで弾いたのですが、その音に全部心を持っていかれました。素敵な楽器と素敵な時間を過ごせたことが、何よりも幸せでした。基本的に個人レッスン以外の授業やオーディション等ではピアノを使うので、中々上手くいかないこともありましたが、沢山の人の協力もあり、出来ないなりに何とかやり遂げることが出来ました。特にアンサンブルの時には周りの人のレベルの高さに圧倒されて、落ち込んだり、焦ったりして大変でしたが、最後まで諦めないで少しでも自分の良さを最大限に出せるようにと頑張れたことが、自身にとって非常に良い経験になりました。そして、自分の良い点悪い点がはっきりとわかったことも大きな収穫の一つでした。実戦力の差を思い知らされる毎日で、初見や聴力、ソロで一曲を完成させる力はあっても、その場で皆で作っていく音楽には弱かったです。これからはもっと理論を学んで、どこに出ても勝負出来る力をつけていきたいと思いました。また、沢山の先生方が推してくださった自分のグルーヴ感を最も大切にして、幸せ爆発する素敵な音楽を目指して頑張っていきたいと思います。素敵な時間を、素敵な音楽を、本当に本当に有難うございました。



高橋陸 Riku Takahashi (ベース)

 Report▶ 
“5week”は、まさにAMAZINGでした。有名ミュージシャンが代わる代わる目の前に現れ、繰り広げられる素晴らしいステージの数々、世界中から参加している受講生達の素晴らしい個性と才能、毎晩のように行われるジャムセッション。学校の寮や街には常に音楽が溢れ、まるで映画の中にいるような、刺激的で興奮しっぱなしの毎日でした。
日々がチャレンジの連続で、授業では言葉の壁にぶつかることも多々ありましたが、充実した授業だけでなく、休日には観光をしたり、ニューポートジャズフェスティバルやNYに行くなど、アドレナリン全開の毎日でした。
最後のオーディションでは、フルスカラシップを受賞することができたので、またボストンに戻り、夢に向いたいと思っています。
沢山の夢や出会い、試練やチャンスをいただき、タイガー先生をはじめ、スタッフの皆さん方、本当にありがとうございました!





山口雄大 Yuta Yamaguchi (トランペット)

 Report▶ 
今回、光栄なことにBerklee Five-Week Summer Performanceに参加させていただきました。多くの人と出会い、たくさんの刺激とたくさんの感動に囲まれた一ヶ月で、こんなにも贅沢な時間を送っていいものかと、毎日感じていました。Berkleeでの講義は非常に充実しており、特にアンサンブルの講義が一番思い出に残っています。”Funk-Fusion”、”Tower of Power”、”Big Band”と3つのアンサンブルに所属することができたのですが、どのアンサンブルもハイレベルで、同年代のプレイヤー達の素晴らしいプレイにとても刺激を受けました。最終週のコンサートでは、大きなホールで演奏することができ、最高の時間を過ごすことができました。また、Five-Week以外でもBoston PopsやCount Basieなど、本当に素晴らしい音楽に触れることができました。
このような機会をくださった事務局のみなさん、タイガーさん、出会ったすべての人々に感謝の気持ちでいっぱいです。本当に夢のような夏でした!ありがとうございました!