LIVE & EVENT

【終了】ユースジャムセッション

ユース世代、社会人、プロのビッグバンドジャズ。

広々とした札幌芸術の森の野外ステージで繰り広げられるセッションにご期待ください。


8月15日(土)に札幌芸術の森 野外ステージで開催されたユースジャムセッションの映像をUPしております。
演奏の模様はこちらよりご覧ください。

開催
2020年8月15日(土) ※小雨決行
時間
開場13:30 開演14:00~16:30
会場
札幌芸術の森 野外ステージ
入場料
全席自由(芝生席)700円  ※高校生以下無料
・チケットは当日直接会場(野外ステージ入口)でお買い求めください
・販売開始時間 12:45より
・車いす席 500円(介助の方は一般入場と同額)
出演
デビット・マシューズ 札幌ジャズアンビシャス
Solid Sounds Jazz Orchestra(ソリッド・サウンズ・ジャズオーケストラ)
札幌ジュニアジャズスクール Club SJF(中学生クラス)
【ご来場にあたってのお願い】
  • 客席は芝生席のみです。
  • 客席では敷物のほか、周辺の方のご迷惑にならないよう配慮いただいた上で、椅子、パラソル、テントをお持ち込みいただけます。
  • 会場内には飲食店はありません。
  • 熱中症予防のため、お飲み物についてはお持ち込みいただけます。
  • ペット連れでのご入場はご遠慮願います。
  • 公演中の録音、録画などの記録行為はお断りいたします。
  • 客席を含む会場内の様子(映像、写真)を公開することがございますので、あらかじめご了承ください。
  • 会場内での荷物の紛失、盗難、立ち入り禁止区域での怪我や事故について、主催者は責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。


【新型コロナウイルス感染症対策へのご協力のお願い】
【公共交通機関ご利用の方へ】
地下鉄南北線「真駒内」駅の2番乗り場から中央バスに乗車、「芸術の森入り口」もしくは「芸術の森センター」下車(乗車時間15分)。
なお、野外ステージまで「芸術の森入り口」から徒歩約15分、「芸術の森センター」から徒歩約5分。

※配布中の「ユースジャムセッションチラシ」に記載の下線部分につきまして、現在、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、バスの運行数が減っているため、この通りでない場合がございます。訂正してお詫びいたします。
最新のバス時刻については中央バスにご確認くださいますよう、お願いいたします。
<チラシ記載箇所>
  • 「芸術の森入り口」もしくは「芸術の森センターで下車」
    (乗車時間15分、約15分間隔で運行
    10時から16時までは00分発と30分発は「芸術の森センター」行き。

ARTIST

札幌ジャズアンビシャス

音楽監督 デビッド・マシューズ プロフィール

1942年、アメリカ・ケンタッキー州生まれ。Paul Simon “Still Crazy After All These Years”、The Starland Vocal Band “Afternoon Delight”、George Bensonのアルバム“Good King Bad”にて作曲した曲のうち、“Theme from Good King Bad”が、グラミー賞を受賞。その後、フランク・シナトラ、ポール・マッカートニー、ポール・サイモン、ビリー・ジョエルらのアレンジを担当し、幅広い名アレンジでアメリカ音楽界での地位を確立した。日本では、1984年に「マンハッタン・ジャズ・クインテット(MJQ)」、1989年に「マンハッタン・ジャズ・オーケストラ(MJO)」を結成して以降、その活動の充実ぶりは目を見張るばかり。2014年から札幌ジャズアンビシャスの音楽監督を務める。

札幌ジャズアンビシャス プロフィール

サッポロ・シティ・ジャズ「ビッグバンドプロジェクト」により2012年に結成。札幌を拠点に活動するプロミュージシャンによるフル編成ビッグバンド。初期は渡辺貞夫、2014年からはデビッド・マシューズを音楽監督に迎え、定期演奏会をはじめとする様々な場で公演を行うとともに、絵画・彫刻・ヒップホップ・バレエなど、ほかのアート分野との積極的なコラボレーションにより、新たな表現の可能性を広げている。

オフィシャルサイト

Solid Sounds Jazz Orchestra(ソリッド・サウンズ・ジャズオーケストラ)

プロフィール

1995年2月、音楽好きの社会人と大学生が集まって活動を開始する。今年、結成25年を迎えた。
年1度のサンプラザホールでのライブをはじめ、Sapporo未来Jazzなどのジャズフェスや、各種イベントへの出演、慰問演奏や小学校での演奏など、その活動は多岐にわたり、とても有意義で充実した活動を展開。
2017年、サッポロ・シティ・ジャズ、サッポロ・ミュージック・テント・ライブ「ジャズ・サッポロ」に出演。このイベントは、前身の「サッポロ・ジャズ・フォレスト」の発足時より参加、サッポロ・シティ・ジャズ初開催のホワイトロック(中島公園)でも、「ビッグバンド・サーカス」の企画・制作、また、ビッグバンドのジョイントライブである「Bigband Meeting」をシリーズ化するなど、札幌の中堅バンドの1つとして、ビッグバンドの活性化や普及に積極的に取り組んでいる。
道内のプロミュージシャンとの共演も多く、ピアノの故福居良氏をはじめ、ブルースハープの千葉智寿氏、ヴォーカルのMIZUHOさん、箭原顕氏、桜間克哉氏、ラテンシンガーのMASAYOさんなど、多彩なゲストによるステージ作りにも努めている。ちなみに札幌で活躍中のジャズミュージシャン、サックスの蛇池雅人氏、ギターの中澤一起氏、ピアノの板谷大氏は当団のOBである。
「ライブは、お客様と一緒に作り上げていくもの!」と、ジャズを通じお客さんと語り合いながら、楽しい時間、空間を共有できるようなステージ作りを心がけている。

オフィシャルサイト

札幌ジュニアジャズスクール Club SJF(中学生クラス)

プロフィール

今期21期目を迎えたジャズスクール。今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で6月からの開講となりましたが、小学生クラスSJF Junior Jazz Orchestra 24人、中学生クラスClub SJF 29人が毎週末、元気に芸術の森で練習に励んでいます。日頃の練習の成果発表として、今年のサッポロ・シティ・ジャズ期間中の10月4日に札幌市民交流プラザ3階のクリエイティブスタジオで定期演奏会を開催します。

オフィシャルサイト