LIVE & EVENT

SAPPORO CITY JAZZ VOICES

かっこよくハモる!ジャズコーラス♬
ジャズを歌いたいユース世代を募集



グループ名:ジャズ&ポップコーラス Honey Vee
曲   名:Little Samba (作詞・MIZUHO 作曲・箭原顕)



札幌芸術の森では、ヴォイストレーナーの箭原顕氏(ハウス・オブ・ジャズ代表)を講師に迎え、10代から20代のユース世代を対象に、ジャズコーラスのワークショップを開講します。発声からジャズ特有のリズム、ハーモニー、パフォーマンスまでを楽しみながら学びます。参加者でSAPPORO CITY JAZZ VOICES(サッポロ・シティ・ジャズ・ヴォイセズ)を結成し、サッポロ・シティ・ジャズのノースジャムセッション、パークジャズライブに出演する予定です。

<ユースジャムセッション>

札幌芸術の森が2020年度に開始した「ユースジャムセッション」は、ジャズを通してユース世代の交流を行い、新たな音楽の創造を目指す3年間のプロジェクトです。ユース世代によるジャズコーラス「SAPPORO JAZZ VOICES 」はこのひとつのプログラムとして開催します。



会場内では次の対策を行います。

受講される皆様には、下記のご協力をお願いいたします。



講師
箭原顕(ヴォーカリスト、ヴォイストレーナー、音楽プロデューサー、作編曲家)
プロフィール
レッスン曲(例)
・聖者の行進
・スウィングしなけりゃ意味ないね
・星に願いを
SAPPORO CITY JAZZ VOICES 募集要項
1.期間
2021年5月~12月
※5月~7月の活動予定日【16時30分~18時00分】
 5月8日(土)、5月22日(土)、6月12日(土)、6月26日(土)、7月10日(土)、7月22(木・祝)~25日(日)


2.会場
札幌芸術の森 アートホールほか


3.内容
・週末を基本とした定期練習
・市内各所での演奏会への出演
ノースジャムセッション(7月25日(日)開催)、パークジャズライブ(9月18日(土)・19日(日)開催)などを予定しています。


4.対象
10代から20代前半の学生・社会人など
※18歳未満の方の活動参加には保護者の同意が必要となります。
※応募期間終了後、オーディションを実施します。


5.定員
20名


6.参加料金
1ヶ月1,000円(税込)


7.応募方法
上記応募フォームからご応募ください。


8.オーディション
日程:2021年4月24日(土)
会場:札幌芸術の森 アートホール


9.応募期間
2021年3月12日(金)~4月18日(日)
主催等
主催 札幌芸術の森(札幌市芸術文化財団)、サッポロ・シティ・ジャズ実行委員会
助成 一般財団法人地域創造
お問合せ
SAPPORO CITY JAZZ VOICES事務局
〒005-0864 北海道札幌市南区芸術の森2丁目75
札幌芸術の森事業課内
TEL. 011-592-4125
E-Mail. chorus@sapporocityjazz.jp

箭原顕(ヴォーカリスト、ヴォイストレーナー、音楽プロデューサー、作編曲家)

プロフィール

ディスコメイトレコードからメジャーデビュー。
伝説的サルサバンド“オルケスタ・デル・ソル”に参加。
六本木アンスクール、バークリー音楽大学で、ジャズボーカル、ジャズコーラス、アレンジを学ぶ。
拠点を札幌に移し、ジャズボーカリストMIZUHO、 ジャズコーラスHONEY VEEをプロデュース。
ジョンレノン追悼コンサート、サッポロ未来ジャズ、サッポロ・シティ・ジャズ等、コンサートの企画制作多数。
後進の指導にも尽力し、ヤマハボーカル科講師指導、北海道インターナショナルスクール講師等歴任。
現在Ken Vocal School(札幌、旭川、横浜)主宰、横浜Bar Bar Bar音楽院講師、他。

講師からのメッセージ

・ジャズコーラスの楽しさについて
ジャズコーラスの楽しさは何と言っても、人の声と声が重なって生まれる、あたたかく、力強く、繊細なハーモニーと、ジャズならではの躍動的なリズムグルーヴです。
さらに即興性やスキャット(歌詞ではなく、楽器のように歌う)、そして、ジャズだけでなく、世界中で親しまれているポピュラーソング、映画音楽や、ミュージカルソング等もジャズアレンジで歌える、レパートリーの多彩さも魅力です。


・レッスンの内容
以下のポイントを中心に、集まったメンバーの個性や実力に応じて練習します。
A)一番の基礎である、発声と腹式呼吸で、安定した声の響きを
B)練習用メロディーや、聴音(イヤートレーニング)で、音程の正確さを
C)正確なリズムと、様々なリズムグルーヴ(ノリ)を習得する
D)英語独特の発音(th, r, l, f, v)等の練習で、伝わる英語を
E)歌詞の内容を解釈し、心から歌い、表現する
F)簡単な振付けや、体全体でリズムに乗る練習をして、曲の表現とパフォーマンスにつなげる
G)ジャズ史に沿って特徴的な曲を学ぶことで、基礎力、音楽フィーリングを身につける