LIVE & EVENTLIVE

【終了】ユニバーサルジャズライブ 2020

ジャズの入り口としてどなたでも楽しむことができ、

身体が不自由な方も気軽にご鑑賞いただけるジャズライブ。


どなたでも解説付きでわかりやすく気軽に楽しめるユニバーサルジャズライブでは、毎回テーマを変え、ジャズの歴史を紹介しています。第5弾の今回は、1950年代に確立したジャズのスタイル「ハード・バップ」、そして、 1970年代半ばに誕生したジャズと様々な音楽を融合(フューズ)させたジャンル、「フュージョンジャズ」を学んでいきます。 札幌の実力派ミュージシャンによる演奏、FMノースウェーブDJタックハーシー氏の軽快なトークとともにお楽しみください!!

開催
2020年10月3日(土)
時間
開場17:00 17:30〜18:45
会場
札幌市民交流プラザ 1F SCARTSコート
出演
・NEW WAVE
・折原寿一シティジャズスペシャル
・タック・ハーシー(MC)
チケット料金
【前売】 2,000円(当日500円増し)
※車椅子でご来場の方は、事前に下記「サッポロ・シティ・ジャズ実行委員会」まで、お電話でご連絡ください。
販売プレイガイド
チケットぴあ、セブン-イレブン(Pコード:185-357)
主催
札幌芸術の森(札幌市芸術文化財団)、サッポロ・シティ・ジャズ実行委員会
助成
文化庁文化芸術振興費補助金
(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)
独立行政法人日本芸術文化振興会
問合せ先
サッポロ・シティ・ジャズ実行委員会 011-592-4125(9:15~17:45)

ARTIST

NEW WAVE

須山 恭一(sax)、酒本 廣継(tb)、金澤 緋彩(tp)、小坂 麻由 (pf)、柳 真也(b)、川合 草平(dr)

プロフィール

正統派のモダンジャズ(ビ・バップ)バンド。シンプルなスタイルでジャズの真髄を聴かせる。
リーダー、須山恭一は様々な音楽活動をしながら、サザンオールスターズの武道館ライブや上田正樹のコンサートで演奏する。また、矢沢永吉の専属バンドのサックス奏者を7年間、務める。
1983年、札幌に拠点を移し、道内での演奏活動を展開。
タイガー大越(tp)、澤田一(sax) 他、多くの実力派ミュージシャンと共演。その確かな音楽性はミュージシャンの厚い信頼を得て、数々のジャズオーケストラでも演奏。
2003年10月、北海道では数少ない3管編成の、本格的バップバンド「NEW WAVE」を結成。市内ライブハウスで精力的に活動を展開し、大きく歌い上げるサックスで人気を博している。
今回のシティジャズでの演奏予定曲は、ビバップの代表曲から、MOANIN' 、チュニジアの夜、etc。

折原寿一シティジャズスペシャル

折原 寿一(gt)、福 由樹子(pf)、青木 務(b)、酒井 颯太(dr)

プロフィール

北大ジャズ研究会出身、卒業後本格的にプロギタリストとして活動開始。有名ミュージシャンとの共演やセッション(グローバーワシントンJr、チャカ・カーン、他)を重ね、以後多数のCD参加、国内外屈指のスーパープレイヤーと数多くのコラボレーション、その活躍は老舗ジャズ雑誌「Japan Jazz」や「ジャズ批評」などで紹介される。またギター専門誌「ギターマガジン」 「ヤングギター」での誌上セミナーやDVDデモ演、ヤマハポピュラーミュージックスクールのテキスト執筆などインストラクター活動。近年は世界的プレイヤーであるランディ・プレッカー(tp)、デビット・マシューズ(pf)との共演やレコーディングなど、トップレベルの演奏活動を展問中。