LIVE & EVENT

ジャズカフェ

カフェでくつろぐように、ジャズを演奏とトークで気軽に楽しむことができる「ジャズカフェ」。
今年はジャズサロン・プランナー育成講座成果発表として、受講生自らがジャズカフェの企画から広報、運営までを手掛け、皆様をお迎えします。
今回のジャズカフェは、2プログラムを行います。全く異なる内容で、各プログラムの企画には札幌のジャズシーンで活躍するギタリスト山木将平さん、サックス奏者の村川佳宏さんがリーダーとして参加。
ミュージシャンとつくるジャズカフェの企画にどうぞご期待ください!

開催
12月2日(木)
村川佳宏チーム「SAPPORO 生音 JAZZ CAFE」
winter vision『光と音の雪景色』

特別な円形舞台が彩る、アコースティックな冬物語。
コロナ禍で疲弊する日常に、やすらぎとリフレッシュの1時間をお届けします。

12月6日(月)
山木将平チーム「Jamming X’mas!」
~風味豊かなJam sessionをマスターのトークと共に~

クリスマスシーズンの札幌に、ジャムはジャムでも食べられない、Jam Sessionを提供するジャズカフェが一夜限定でOPEN!
当店はブラックミュージックテイストでアレンジされたクリスマスムードを高める楽曲をメニューに取り揃えております。
経験豊富な店主とミュージシャン達との軽快なトークセッションを隠し味にお楽しみください。
時間
18:00~19:00
会場
札幌市民交流プラザ 1F SCARTSコート (札幌市中央区北1条西1丁目)
料金
チケット 11月5日(金)発売

【全席自由・税込】
《前売》各1,000円
※未就学児の入場はお断りいたします
※飲食の提供はございません
チケット
12月2日(木)村川佳宏チーム 「SAPPORO 生音 JAZZ CAFE」
チケットぴあ、セブン-イレブン (Pコード:204-644)
https://w.pia.jp/t/scjcw-hk/
札幌市民交流プラザチケットセンター

12月6日(月)山木将平チーム 「Jamming X’mas!」
チケットぴあ、セブン-イレブン (Pコード:204-651)
https://w.pia.jp/t/scjcx-hk/
札幌市民交流プラザチケットセンター

12月2日(木)村川佳宏チーム 「SAPPORO 生音 JAZZ CAFE」

按田 佳央理(fl,作編曲)、SongBook Trio[村川佳宏(sax,fl)、Nate Renner(gt)、伊藤未央(b)]

按田 佳央理プロフィール

岩見沢市出身。札幌市在住。
北海道教育大学岩見沢校芸術課程音楽コース卒業。
パリ・エコール・ノルマル音楽院高等演奏課程を審査員の賞賛付き満場一致の一位で修了する。
フルートを吉田玲子、阿部博光、中山耕一、工藤重典、工藤雅子の各氏に師事。
これまでの主な受賞歴は、クレ・ドール・コンクール第1位。第3回三田ユネスコ・フルートコンクール第1位、窪田孝子賞、三田市長賞、オーディエンス賞受賞。第10回仙台フルートコンクール第3位。平成30年度札幌市民芸術祭奨励賞受賞。
ソロや室内楽、オーケストラの客演などクラシック音楽をメインに演奏する一方で、ジャズやラテン音楽などのユニットにも所属。ジャンルの垣根を越えた演奏活動を展開している。
その他にも、児童養護施設や高齢者施設の訪問演奏、屋内外イベントでの演奏、ポピュラー歌手のバックバンドなど、その活動は多岐に渡っている。
札幌フルート協会理事。

オフィシャルサイト:https://antakaoriflute.amebaownd.com/
facebook:https://www.facebook.com/kaori.anta
twitter:https://twitter.com/kaorianta

SongBook Trioプロフィール

札幌を中心に活躍するアルトサックス奏者村川佳宏、ギタリストNate Renner、ベーシスト伊藤未央の3人で、Songbook=ジャズスタンダードに向き合いお送りするTrioとして結成。
ドラムレスならではのアコースティックなサウンドと、不思議な程に自然と息の合う3人のグルーヴ感、サウンド感、ライブ感、対話感が魅力。Nate Rennerはカナダ出身で長く日本に住んでおり、約1年程前に札幌へ移住。生まれも育ちも北海道の村川佳宏と伊藤未央と、ここ札幌で出会えたこと、そしてここで生まれた音楽を大切に表現活動を繰り広げている。
2020/12/25 にFirst Album「Plays Standards Volume1」をリリース。バンドのサウンドをリアルに詰め込んだアルバム。ジャケット表裏の写真は札幌の所縁のある写真を使用。昼下がりも夜も心地良い、ナチュラルでアコースティックなジャズをお届け。沢山の方々へ気軽に楽しんで頂けるCD Albumとなっている。

販売Web サイト:https://miobassbass.thebase.in/items/36854020

12月6日(月)山木将平チーム 「Jamming X’mas!」

大山小夜子(pf)、山木将平(gt)、青木務(b)、酒井颯太(dr)

大山小夜子プロフィール

ゴスペルピアニスト。ゴスペルディレクター。複数のゴスペルクワイアを指導する他、ワークショップの企画・実施、ゴスペルを主軸としたピアニストとして、多くの人にゴスペルの意味と深さと楽しさをシェアするために活動。
現在は対面レッスン以外にも様々なプラットフォームを使用し、オンライン(双方向、または配信)でもゴスペルを伝え、本格的なゴスペルピアノを弾きながらテンポよく的確に指導するそのスタイルは、国内外で高く評価されている。
東京のゴスペルシンガー遠谷政史とのデュオ「PAUSA」のピアニストとしても活動、これまでにCDを 2 枚リリース。

--略歴--
2002-03年、GMWA(Gospel Music Workshop of America)Mass Choirのセクションリーダーのひとりに選ばれる(日本人として初)。2007年、クワイアディレクターとして New Jerseyで行われたProvenanceライブレコーディングに参加。
2012年、Iris Stevenson(『天使にラブソングを』のモデル)&Crenshaw Elite Choirの韓国ツアーにキーボーディストとして同行。
2015年、PAUSAが「Sapporo City Jazz 2015」パークジャズライブ・コンテストファイナリスト」に選出。
2016年、MOOK『ぴあゴスペルワンダーランド』の「日本のゴスペル界の次世代旗手&キーパーソンに聞く私のゴスペル論」のひとりとして紹介される。
2021年10月公開の映画『歌と羊と羊飼い』にゴスペルアーティストのひとりとして出演。

公式HP:https://grainmusic.jp

山木将平プロフィール

「SAPPORO CITY JAZZ 2010」パークジャズライブ・コンテスト優勝をきっかけにデビュー。トロントやジャカルタなどの国際Jazz Festival、ミラノ国際博覧会などこれまで10ヶ国で演奏。札幌国際短編映画祭で最優秀作曲賞を受賞するなど作曲にも力をいれている。
北海道150年記念式典では天皇皇后両陛下の前で演奏し、現在札幌を拠点に活動し北海道のPR活動にも力をいれている。

公式HP:https://shoheiyamaki.com/
Youtubeチャンネル: https://www.youtube.com/user/shoheiyamaki

青木務プロフィール

1992年生まれ。札幌市在住のベーシスト。
セッションプレイヤーとして、Funk,Soul,R&Bを始めさまざまなフィールドで活動。
個性的なファッションとコミカルでアッパーなキャラクターで、札幌音楽シーンで謎の存在感を誇っている。

酒井颯太プロフィール

「Abucon」のドラム担当。個人ではサッポロシティジャズを始め、様々なイベント・ライブに出演し、札幌を拠点に精力的に活動をしている。
最近ではDJ イベントや楽曲・映像制作など、活動の場を更に増やしている。