NEWS

サッポロ・シティ・ジャズ2021 メインビジュアル&メッセージ

サッポロ・シティ・ジャズ2021のメインビジュアルは、颯爽と前に向かって歩く

男女の足をフォーカスしたデザイン。

WALK WITH JAZZ  そして “ジャズのにあうまち”—————。

 サッポロ・シティ・ジャズが、このビジュアルに込めた思いをメッセージでご紹介します。


2020年、突然に行動が制限され、ステイホームが新たな生活様式になった。

現在も、以前の自由な生活は戻っていない。ディスタンスの生活が続き、

多くの人々は孤独や先の見えない不安を抱え、行動することをためらいがちだ。

しかし、感染予防の効果的な方法を共有し、社会は少しずつ、前に進んでいる。

苦難の歴史のなかで誕生したジャズは、

多くの人々に生きる喜びや慰め、勇気を与えてきた。

このような時だからこそ、サッポロ・シティ・ジャズは、希望を込めて伝えたい。

この街にはジャズがある。

生活にたとえ制約があっても

心は自由に扉を開く。

さあ、軽やかな一歩を踏み出し、ジャズとともに歩こう。

In 2020, our activities were suddenly restricted and staying home became the new norm.  Even now our previous free lifestyles have not returned.  Social distancing continues, and many are hesitant to participate in activities, feeling isolation and anxiety of the unknown. However, society is slowly moving forward, sharing information about the effective methods of infection prevention. 

Born amidst the history of human hardship, Jazz has enriched people with joy of living, comfort, and courage. 

It is because it is a time like this, that Sapporo City Jazz would like to express music with hope. 

There is Jazz in this city. 

Even if there are restrictions in our lives, the doors to our hearts open freely. 

Let’s take the first rhythmic steps, and walk with Jazz.