SAPPORO SOUND SQUARE

チ・カ・ホがライブ空間に!地元ミュージシャンの音楽を楽しもう

2011年のフライデージャズナイトに始まり今年で7年目となる、「サッポロ・サウンド・スクエア」。
札幌を拠点に活躍するジャズミュージシャンを中心に無料ライブを開催し、地下歩行空間という多くの人が行き交う会場で、仕事帰りの方や普段なかなかジャズを聴けないというみなさんにも気軽にジャズを楽しめるようなイベントを目指しています。

日程
2017年5月15日(月)、6月2日(金)、6月19日(月)、9月21日(木)
会場
札幌駅前通地下歩行空間 北3条交差点広場(西)
観覧無料
 

SAPPORO SOUND SQUARE 2017 vol.4
山本昌カルテット

日程
2017年9月21日(木)
時間
18:00~18:30
出演
山本昌カルテット

【メンバー】山本昌(as)、竹内正史(pf)、泉正浩(b)、久家貴志(ds)

【プロフィール】2011年サッポロ・シティ・ジャズ パークジャズライブコンテストにて自身のリーダーバンドで多数の出場者の中、優勝する。
翌年に開催されたカナダトロント国際ジャズフェスティバルに招待され、トロントの老舗ジャズライブハウスのThe Rexにてライブをして地元紙、ラジオなどで取り上げられる。
2016年に開催された韓国、第一回長安国際ジャズフェスティバルに招待される。
関西を中心に活動しつつ国内外のジャズフェスティバルにゲスト出演やツアーにも積極的に参加。メディアにも取り上げられ、産経新聞では”ひょうごこの人あり”の紙面にて3日間連載。神戸新聞、サックス専門誌”The Sax”やNHKの生放送番組”ジャズライブ神戸”にも過去3回出演。
NHKの連続テレビ小説”べっぴんさん”にジャズミュージシャンとして出演。

SAPPORO SOUND SQUARE 2017 vol.3
The Shohei Yamaki “Nature Rock”Band

日程
2017年6月19日(月)
時間
①12:00~ ②17:00~ ※各回で演奏時間が異なるのでご注意ください。
出演
The Shohei Yamaki “Nature Rock”Band

【プロフィール】ギタリスト山木将平率いるインストバンド。
「真理は自然のなかにあり」という精神に宿るインスピレーションから作曲された曲たちは、自然の「美しさ」「優しさ」「強さ」そして、人間の「人生」「愛」「可能性」で満ちており、これまでにない神秘感と力強さから“Nature Rock”という新しいジャンルがうまれた。 「この宇宙には地球という美しい星があり、人間という生き物が存在していた」という事を記録するために彼らは作曲し演奏する。山木の独特の奏法から放たれるギターの旋律に木村のグルービーなベース、神田のロックなドラムがまざり合い、ステージに偉大なる何かを降臨させて聴く者を異次元に誘う。2017年に結成され現在精力的に活動中。

=山木将平(ソロ)のこれまでの出演履歴=
トロント国際ジャズフェスティバル、インドネシアジャカルタJava Jazz Festival、ミラノ国際博覧会ステージ、ニューヨークにて開催のJAPAN WEEKステージ、SAPPORO CITY JAZZ SAPPORO MUSIC TENT LIVE、RISING SUN ROCK FESTIVAL、HTB・朝日 ジルベスターコンサート、NAKASU JAZZなど

SAPPORO SOUND SQUARE 2017 vol.2
吉澤吉澤

日程
2017年6月2日(金)
時間
18:00~18:30
出演
吉澤吉澤
◎パークジャズライブコンテスト2017 ファイナリスト

【メンバー】吉澤祐太朗(ドラム)、吉澤早紀(キーボード)

【プロフィール】2015年12月結成。
ドラムとピアノの兄妹インストデュオ。本当の兄妹。お互いが幼い頃から培ってきた音楽性の違いを生かし、多様なジャンルの楽曲を演奏する。兄妹ならではの息のあったプレイが魅力。 ライブハウスだけでなく様々なイベントなど多方面で活動展開中。
楽曲制作は、作曲を吉澤早紀、編曲を吉澤祐太朗が担っている。

2015年12月初ライブ。その後は札幌市内ライブハウスを中心に毎月コンスタントにライブを行う。
2016年は、『FSR2016 in mole』、『札幌シティジャズパークジャズライブ』、滝野すずらん丘陵公園で開催された『滝野de秋満喫DAY!』、藻岩山フォレストギャラリーで行われた『SAPPORO CITY JAZZ IN 森の音楽会 vol.2』、モエレ沼公園で開催された『WHITE CHRISTMAS IN MOERE 2016』など幅広いイベントに出演。
同年11月に初CDリリース 。なないろアルシェ Live&EventSpace Mr.Mにてレコ発ライブを行う。札幌以外の地域の方との交流も増え、夕張 fivepennisにて地元ミュージシャンとの共演ライブも行なった。
2017年は、北海道の全市町村を回り各地で公演を行なう「179市町村吉澤計画」を開始。札幌から全道へと活動の幅を広げている。

SAPPORO SOUND SQUARE 2017 vol.1
Hiro ABE Trad Jazz 3 +1

日程
2017年5月15日(月)
時間
18:00~18:30
出演
Hiro ABE Trad Jazz 3 +1

【メンバー】阿部ヒロカズ(トランペット)滝川裕三(バンジョー、ギター)MIHOKO(ピアノ)河合修吾(スーザフォン)

【プロフィール】ニューオーリンズやディキシーランドテイストのジャズ音楽を提供しているグループ。札幌市内をはじめ道内のカフェやレストラン、ライブハウスなどに出演。シンプルに親しみやすいトラディショナルジャズを広く楽しんでいただけるよう積極的に活動を展開している。

阿部 ヒロカズ(トランペット、ボーカル)
札幌出身。中学校でトランペットと出会い、高校時代に演劇「上海バンスキング」で俳優笹野高史氏に憧れジャズプレイヤーを目指す。大学在学中より歌手のバックバンドなどのプロ活動を始める。現在は、自己のグループやジョニー黒田&ディキシープリンスで精力的にトラディショナルジャズを追求。ニューオーリンズやニューヨークにて現地ミュージシャンと交流し経験を深める。ほかにもSapporo Jazz Ambitious等ビッグバンドへの参加やスクールバンドへのゲスト出演など様々なシーンで活動。北海道を代表するトラッドジャズトランペッター。

滝川 裕三(バンジョー、ギター)
小樽市生まれ。2001年から札幌のライブハウスを中心に演奏活動を始める。ケニーバレルやジョーパス等の正統派ジャズギタースタイルで暖かい音色とよく歌うフレーズ、何よりスイングすることを持ち味とする。ブルース、ラテン、ボサノバ、ジプシースイングなど守備範囲は広い。ジョニー黒田&デキシープリンスでは珍しいテナーバンジョーを担当している。

MIHOKO(ピアノ)
在日中は、ピアノ講師の傍ら、ピアノ、オルガン奏者として活動。2000年に渡米。バークリー音楽大学でジャズを学び、同校パフォーマンス科を卒業。magna cum laudeでバチェラー取得。ジョアン・ブラッキーンとハービー・ダイアモンドに大きな影響を受ける。在学中、オリジナル作品でいくつかのアワードを受賞。卒業後はボストンの有名ジャズクラブを始め、ニューヨークなど多数のライブスポットに出演。自己のトリオの他、さまざまなグループのメンバーとして積極的に演奏活動を行っている。一方、ラテンアメリカのミュージシャンとも親交を深め、サルサ、ラテンジャズなどのピアニストとしても活動。毎年ボストン市内や郊外で行われる数々のラテンミュージックフェスティバルにも出演している。2010年、自己のピアノトリオによるファーストアルバム「We’ll See」をリリース。ボストン最大のFM局WGBHを含む、アメリカ各地のNational Public Radioにてエアプレイされる。現在は、ボストン、ニューヨーク、札幌を行き来しながら活動の幅を広げている。

河合 修吾(スーザフォン)
茅部郡森町立森中学校で初めての金管楽器としてホルンを手にする。
函館市亀田中学校吹奏楽部時代、1981年10月26日(月)トロンボーンへ転向。
函館中部高校吹奏楽局、北海道大学ジャズ研究会OB

中学、高校と吹奏楽に明け暮れ、1989年北大ジャズ研在籍中より演奏活動をはじめる。卒業後も活動をつづけ、ジャズ、ラテン、ソウルファンク等幅広いジャンルでのライブで数多くの有名ミュージシャンとの共演を経験する。2010年にはThe Sapporo Funk Organization (SFO)で日経大人のバンド大賞に参加し全国大会グランプリを受賞する。現在はSFOのほか F-Five、スイングハートジャズオーケストラ、ラテンラボ等で札幌市内を中心に活動中。
2015年8月 DixiePokke を結成,活動を開始する。