HOKKAIDO GROOVE CAMP

講師

  • タイガー大越(トランペット・トロンボーン・主任講師兼務)
  • マーク・ウォーカー(ドラム・パーカッション・ベース)
  • マルコ・ピグナタロ(サックス)
  • ジョージ・ラッセル(ピアノ・ベース)

主任講師プロフィール

タイガー大越
タイガー大越

1976年バークリー音大を首席で卒業。バディーリッチ楽団の一員として全米の旅。その後ゲーリーバートンカルテットのメンバーとして世界の旅へ。ボストンミュージックアウォード、ビクターヒット賞等、数多くの賞を受賞。トニーベネット、マイクスターン、ビルフリゼル、パットメセニー、ブランフォードマルサリス、デイブリーブマン、ジョージラッセル等と活動。ジャックディジョネット、ヴィンスカリウタ、デイブホーランド、ケニーバロン、ピーターアースキン等と録音しJVCビクターから7枚のリーダーアルバムを発売。2014年外務大臣表彰受賞。2016年日本を代表し浜松市でのユネスコ音楽祭にて雅楽アンサンブルと共演。現在バークリー音楽大学教授。レコーディングプロデューサーとしても活躍中。

その他講師

マーク・ウォーカー
マーク・ウォーカー

ドラマー、作曲家、教育者。複数のグラミー賞を受賞。
1990年代初期よりライル・メイズ・カルテットとパキート・デリヴェラのバンドとツアーを開始する。
1995年にはニューヨークに移り、カリビアン・ジャズ・プロジェクトでツアーを開始、その後1996年からバンド「オレゴン」での長期活動が始まる。
この間、イリアーヌ・イリアス、リンダ・エダー、WDR ビッグバンド、NDR ビッグバンド、セザル・カマルゴ・マリアーノ等、多くのミュージシャンと活動。また、フェルナンド・トルエバの映画「Calle 54」にパキート・デリヴェラと出演する。
2001年よりバークリーの特認教授に就任。「World Jazz Drumming(Hal Leonard)」を執筆。
作曲家としてはオレゴンとして発表した楽曲 “Deep Six”が2008年にグラミー賞の最優秀インストゥルメンタル作曲賞にノミネートされる。60以上のレコーディングで活躍し、6つのグラミー賞とラテングラミー賞、8つのグラミー賞ノミネートを獲得している。
2005年より、ボストンに移り、自身のスタジオ、カーリッジヒルを運営。作曲、指導を行う。また、TV番組に使用される曲の他、映画楽曲を作曲する。
現在はパキート・デリヴェラ、オレゴン、ミッシェル・カミロ等とツアーを行う。

マルコ・ピグナタロ
マルコ・ピグナタロ

イタリアのボローニャ出身のサックスプレイヤー、作曲家、教育者。
現在はダニーロ・ペレスとともに、現在はボストンのバークリー音楽大学で音楽創造の世界初のジャズ・センターであるバークリー・グローバル・ジャズ・インスティテュート(BGJI)を率いる。
エディ・ゴメス、ジョアン・ブラッキー、ダニーロ・ペレス等と共演。また、様々なグループで国際的に活動し、ツアー実施。音源も多く販売しており、多様な音楽の影響を受けた詩情あふれるメロディーは広く支持されている。
ジャズ・カリブ音楽局ディレクター兼共同創設者。プエルトリコ音楽院ジャズサクソフォン学科長を務めた。国際ジャズ教育者協会(IAJE)の委員、IAJEプエルトリコ支部およびベラクルス国際音楽サマージャズセミナーを創設。
ドミニカ共和国ジャズフェスティバルの芸術監督、および教育アドバイザーとして従事し、音楽を社会変革のツールとして使用している。

ジョージ・ラッセル
ジョージ・ラッセル

演奏家、作曲家、教育者。7歳よりピアノを始める。
デュケイン大学で音楽教育学士号を取得。
ニューイングランド音楽院でジャズ研究の修士号を取得。
大学院生時、地元の音楽学校で教鞭をとり、タフト大学のピアノインストラクターとして働く。その後、ニューイングランド音楽院のジャズ学科長に就任。また、ペンシルバニア州知事芸術学校で20年以上ジャズ学科長を務めた。
バークリー音楽大学でハーモニーとピアノの教授を務め、現在はハーモニー・ジャズ作曲科の学科長を務める。執筆部門のカリキュラム開発賞、教育の優秀賞としてテッドピース賞を受賞。また、バークリーが教授に与える最優秀賞、最優秀教授賞を受賞した。

バークリー音楽大学とは

バークリー音楽大学は、将来の成功につながる音楽教育を探求と実践を通じて深めることを目的に、1945年マサチューセッツ州ボストンに設立。ジャズ、ポップ、ロック、ワールドミュージックだけでなく、クラシックシンフォニーオーケストラ、作編曲演奏の他に映画、ゲーム音楽制作、音楽教育、企業経営、音楽療法、近代音楽、電子音楽の制作の授業を実施。世界103カ国からボストン校4500名(内日本人61名)、スペインのバレンチア校130名、ボストンコンサーバトリー校886名の学生が在学。オンライン受講生は1万人を超える。卒業生全体で283のグラミー賞、89のラテングラミー賞を獲得。