HOKKAIDO GROOVE CAMP

講師

  • タイガー大越(トランペット・トロンボーン・主任講師兼務)
  • マーク・ウォーカー(ドラム・パーカッション)
  • マイク・タッカー(サックス)
  • ヴァディム・ネセロフスキー(ピアノ・ベース)

主任講師プロフィール

タイガー大越
タイガー大越

1976年バークリー音大を首席で卒業。バディーリッチ楽団の一員として全米の旅。その後ゲーリーバートンカルテットのメンバーとして世界の旅へ。ボストンミュージックアウォード、ビクターヒット賞等、数多くの賞を受賞。トニーベネット、マイクスターン、ビルフリゼル、パットメセニー、ブランフォードマルサリス、デイブリーブマン、ジョージラッセル等と活動。ジャックディジョネット、ヴィンスカリウタ、デイブホーランド、ケニーバロン、ピーターアースキン等と録音しJVCビクターから7枚のリーダーアルバムを発売。2014年外務大臣表彰受賞。2016年日本を代表し浜松市でのユネスコ音楽祭にて雅楽アンサンブルと共演。現在バークリー音楽大学教授。レコーディングプロデューサーとしても活躍中。

その他講師

  • マーク・ウォーカー
  • マイク・タッカー
  • ヴァディム・ネセロフスキー

バークリー音楽大学とは

バークリー音楽大学は、将来の成功につながる音楽教育を探求と実践を通じて深めることを目的に、1945年マサチューセッツ州ボストンに設立。ジャズ、ポップ、ロック、ワールドミュージックだけでなく、クラシックシンフォニーオーケストラ、作編曲演奏の他に映画、ゲーム音楽制作、音楽教育、企業経営、音楽療法、近代音楽、電子音楽の制作の授業を実施。世界103カ国からボストン校4500名(内日本人61名)、スペインのバレンチア校130名、ボストンコンサーバトリー校886名の学生が在学。オンライン受講生は1万人を超える。卒業生全体で283のグラミー賞、89のラテングラミー賞を獲得。